閑話休題的な。20

みなさまお久しぶりです。

と言ってもwebの片隅のこんな隠遁blog誰も見ていないと思うのですが、一応ひっそりとFF14続けておりますのです。

(尚、本記事はMoreより後の内容が完全なる愚痴で閲覧には注意が必要そうなので念の為警告します。あとはご自身の責任でお読み下さい)

とりあえず3.4以降のネタについてはちょろちょろ出していくつもりです。
今までより頻度は落ちる(1週間ごと掲載でしたね)のが確定になりそうですけど、それらの記事では、愚痴は基本的に入らない、今までどおりの語り口の予定ですので、自分の本音が鬱陶しい方でも、過去の記事を楽しんでいただけたなら大丈夫だと思います。
……多分。

ffxiv_20180106_212634

とは言っても最近実装される非定食系コンテンツとはほとほと相性が悪く、諸々理由があってやっぱりオメガは挑戦出来ずにいるため、主に武器のILが全く上がらなくて極には神龍から先挑戦していないという体たらくです。

そんな状態なのでせめてもとEWには期待してたのですが、まさかの、まさかの、FATE系NGソロプレイヤーにとっては鬼仕様で。もう本当にため息しか出ない。
自分というプレイヤータイプの遊び幅がまるでハメ業食らってるかのようになくなっていくのを見るにつけ、「あわないなら無理やり遊ばなくていいんですよ」と言われる方の人間になってしまったんだなあ、という無力感に支配されることが増えてきました。

FF14のストーリー含めた世界観と音楽に対する執着は本当に自分でもコントロール不可能なレベルで大きいのですが、最近は各種トークン集めと蛮族クエスト以外の作業をしていると心が歪む音が聞こえる時があって、そういうルーチンをこなすだけが目的でログインする日々となりつつあります。

4.3入った直後の今はナマズオがあるので毎日ですが、碧甲羅・アナンタの時同様、蛮族クエストが終わり次第、トークンのためだけの週2ログインに戻りそうだなーなんてぼんやり考えながらナマズオ殴ったり蹴ったりしています(

広告